870889500822285b9f5b4f259ce34bee
アレキシのごはん日記

忘れたくても、忘れられない恐怖

2018/03/11 22:22 朝ごはん 晩ごはん パン 子ども 趣味 くらし 家族


オーブントースターで湯種胡桃パン&ベーコンチーズパン



先週の水曜日に作りました。





今回は湯種を入れたパン生地


捏ね上げた生地の半分に胡桃を混ぜて、

それぞれ別の容器に入れて低温発酵。




*胡桃あんパン&胡桃クリームチーズパン





こちらは、胡桃あんパンの断面




小豆をたくさん煮たので、半分はあんこにしました。


一応、あんこは真ん中にきてたわ。




オーブントースターの場合、

ローストしたナッツを乗せると

あっという間に焦げてしまうので、

上に乗せてある胡桃は

予めお湯に浸しております。




胡桃クリームチーズパンの断面



kiriクリームチーズを

まるまる一個入れてます。


ちょっと、温めると美味。





*ベーコンチーズパン




胡桃を入れてない方の生地で。


一つ分のパン生地を、

いつもの倍量にしたので

一度に焼けるのは、ギリギリ2個まで。


次の日の朝ごはん用に。





晩ごはん




*中華丼

*サラダ







*茄子とベーコンの塩パスタ

*サラダ









あの日 あの時


7年前の今日

あの地震が起こった時


私は、

2歳になっても

なかなかオムツの取れない息子の

オムツ替えをしておりました。

(しかも、大の方)


「あっ!地震!」


と、急いでオムツを履かせて

揺れが収まるのを待っていると、


収まるどころか、

どんどん揺れが大きくなって

部屋の家具が大きくしなりながら揺れていました。

(倒れなかったのが不思議なくらい)


家のあちこちで物が落ちる音がして…


あまりの恐怖で、

泣き叫ぶ息子を抱きかかえたまま

全く身動き出来なかった。


今まで経験したことが無い揺れ方でした。



私の住む地域は、

震源地からだいぶ離れた場所なのですが

震度5強でした。



電話もメールも使えず、

夫とも連絡が取れず

生きているかどうかも分からない。


ようやく、

数時間後に連絡がとれたものの

電車は動かず

帰宅したのは次の日の朝。

勤め先のある都内某所から

歩いて帰って来ました。



震災後も、

毎日何度も余震が続き

揺れが来るたび、

小さな息子は泣きながら

駆け寄って来ていました。


大きな地震を体験した影響でしょうか。

地震ではない時でも、

体が揺れているような感じがしていました。



店には、

水や食料、トイレットペーパーやティッシュペーパー、オムツ等も無く。



水道や電気もまともに使えなかったり。




それでも、

大きな被害にあった地域の方々に比べたら、はるかに恵まれていたと思います。




今でも、

7万人以上の方達が避難生活を強いられているそうです。



私、もともと福島県産のお米が好きでね。

無力な自分には何も出来ないけど、

ほんのちょっとでも復興の手助けになればと

震災後、何年も福島からお米を取り寄せて買っていたのですが

そのお店も、今は閉めてしまって…



日本も、変なトコにお金使わないで

(特に、在日米軍への思いやり予算とか!)

こういう人達の為に使ってくんないかしら。











クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください